韓国・日本 のんびり旅・色々

大 邱・海印寺(ヘインサ) 伽耶山国立公園


大 邱・海印寺(ヘインサ)



八万大蔵経で有名な
韓国三大名刹の一つ
 伽耶山国立公園の山岳景観は、韓国八景に数えられている。海印寺(ヘインサ)は、伽耶山中腹の紅流洞渓谷という紅葉の美しい渓流沿いを4km登った所にあり、802年に創建されたものです。90余りの仏舎や石塔が周囲に散在し、多くの文化財が保存されていますが、中でも高麗高宗の時、1236年から12年かけて彫らせた8万1258枚の大経典を保管している「八万大蔵経板殿」は、朝鮮初期の木造建物で温度と湿度を完璧に調節できるように工夫され、現在はユネスコの世界文化遺産に指定されている。







            八万大蔵経板殿


お堂にて韓国式の参拝手順を教わった。
(体が硬いとチョッとキツイ!)


八万大蔵経
 12年かけて江華島で彫らせた8万余の大蔵経の版木。蒙古軍に攻められ江華島に都が移されたが、蒙古の脅威の中、蒙古の幸せを祈って作られたという。数世紀経った今なお高麗人たちの平和への祈りの声が聞こえてくる・・・・。

 
経典版木の保管の様子

経典版木が見学できる唯一の場所


八万大蔵経板殿の中庭



紅流洞渓谷
 登りはワゴン車。下りは徒歩で渓流沿いの紅葉トンネルをミニハイキング。






↑ PAGE TOP